よくあるご質問

FAQ
  • 銀行融資やビジネスローンとの違いは何ですか?

    ファクタリングは、借入ではありません。
    所有している売掛債権の売買行為になるので、保証人や担保は必要ありません。
    また、当社のファクタリングは、償還請求権(万が一売掛先企業様に倒産等の事故があった場合の補償義務)のないノンリコースファクタリングです。

  • 3社間取引と2社間取引の違いは何ですか?

    3社間取引は、売掛先企業様へのファクタリング実施の通知を行ない、債権譲渡のご承諾をいただく必要がありますが、直接、売掛先企業様から当社にご入金がされ、回収リスクや二重譲渡リスクが回避できるため、手数料が低く設定できます。
    2社間取引は、売掛先企業様に通知を行なわずに実施するため、手数料は高めに設定させていただくことになります。

  • 売掛先企業様に債権譲渡を知られてしまうと信用を失うことになりませんか?

    債権流動化は、欧米の中小企業では数十年前から常識になっています。
    日本でも、数年前まではネガティブなイメージがありましたが、現在では中小企業の貴重な資産である売掛債権を活用する資金調達手段としてファクタリングが注目されるようになってきています。

  • どんな債権でも買取対象になりますか?

    基本的に、既に発生済みの売掛債権、診療・介護報酬債権等が対象になります。
    売掛先企業様の信頼性(2社間取引はお客様も含みます)を審査した上で判断させていただきます。

  • 起業直後でも利用できますか?

    基本的に、一定の取引の継続があれば、社歴や事業歴は問いません。
    銀行融資が受けにくいからこそファクタリングニーズは高いと言えます。

  • 契約前には面談は必要ですか?

    確認させていただく事項がございますので、原則面談を設けさせていただきます。

  • 申し込みから何日で資金調達ができますか?

    2社間取引であれば、最短即日〜数日で入金できます。
    3社間取引であれば、売掛先企業様のご承諾が必要なため、お時間をいただくことがあります。

  • 売掛債権に対する買取手数料はどれくらいですか?

    当社規定に基づき売掛債権を審査させていただきます。買取手数料とは別に一定の留保金をお預りさせていただき、その差額を入金いたします。

  • 買取時の留保金の取扱いはどうなりますか?

    当社が買取時にお預かりした留保金は、売掛債権回収予定日に売掛先企業様からのご入金を確認後、不足分があれば差し引き、残額はすべてお客様にお支払いします。

お申込・お問合せはこちらから